カー用品の購入をする【24時間買い物をする事が可能】

通販サイトを活用して外装部品を手に入れよう

タイヤの成分と種類

値段はどう動かされるのか

タイヤの主成分は、もちろんゴムです。そのゴムにも2つの種類があって、1つが天然ゴム、もうひとつが合成ゴムです。天然ゴムはゴムの木からとれる樹液を主な成分としたもので、日本はその100%を輸入で頼っています。なので国内の景気ではなく、東南アジアの経済が大きく左右します。そして天然ゴムは10月から2月にかけて生産量が増えるので、その時期には安くなります。しかし先述のとおりアジアの状況に左右されるので、油断は禁物です。合成ゴムはナフサと呼ばれる石油加工品からできており、これはもちろん原油価格とともに推移します。この2つの種類があるタイヤのゴムは、特に違いはありませんが値段が別に変るので、注意が必要です。

タイヤの歴史と進化の話

タイヤはもともとは鉄や木などでできている、ただ滑り止めなどの用途で作られたものだった。しかし今から140年ほど前に、ゴムを巻くタイヤが出現した。しかしこのときはまだ空気が入っていなかったために、とても操作性や乗り心地が悪いものだったそう。そしてゴムがすぐに焼けてしまい、あまり実用的なものでなかった。それからダンロップが空気をタイヤに詰め込むという当時としては革新的な発想で、空気入りタイヤを発明した。そしてそれを初めて利用したのがミシュランの耐久レースでした。しかしその時のタイヤは白色で、まだまだ弱いものでしたが、今日のように真っ黒の色をするようになったのは1910年代にカーボンが入れられるようになってからでした。

Copyright © 2015 カー用品の購入をする【24時間買い物をする事が可能】 All Rights Reserved.